大型家電のリサイクルにはネットショップを利用しよう

適正な方法でお得に大型家電を処分しよう!

家電リサイクル法について知ろう!

大型家電の処分にはいくつかの方法があります。 無許可の業者などに間違って頼んでしまうと、不法投棄や有害物質など環境汚染に繋がってしまう恐れもあるので、適正な方法で処分しましょう。 まずは大型家電の中でも、洗濯機のリサイクル券についても見ていきましょう。

まずは処分方法と洗濯機のリサイクル料の目安を見てみよう!

引っ越しや、新製品への買い替えなど、家電を処分するときに気を付けなければならないのが、「家電リサイクル法(到底家庭用機器再商品化法)」です。
この家電リサイクル法とは、家庭や事業所で不要になった家電、大型家電の有用な部分をリサイクルして、有効活用するとともに、ゴミの減量にも繋げるための法律です。
対象となるものは下記の通りです。
1.エアコン
2.テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)
3.冷蔵庫・冷凍庫
4.洗濯機・乾燥機
この4つが対象となります。

新製品に買い替えの場合は、そのお店に引き取ってもらえるかを確認し、そうでない、処分のみの場合は、購入したお店で引き取りをお願いするか、お住いの市区町村に問い合わせの上、適正な方法で処分しましょう。
また、ご自身で処分品を持ち込むことも出来ます。
そのためには、家電リサイクル券が必要になるのですが、事前に郵便局・ゆうちょ銀行でリサイクル料金を支払い、処分品を指定の引き取り場所へ持参するという方法です。

処分を適正に行っていない、無許可の業者に引き渡してしまうと、不法投棄、不適正処理、不適正な管理による火災で、有害物質を発生してしまうなどの弊害が出てしまいます。
このような業者は、空き地で回収していたり、住宅街を巡回して大音量で宣伝していたり、チラシを配布するなど無料回収をうたっていることが多く、無料と言いつつも、この家電は別と言い、高額請求されることもあるので注意が必要です。

エアコン・冷蔵庫のリサイクル料はどれくらいかかるでしょう?

新製品への買い替えで、購入する電気店でそのまま不用品を引き取ってもらうというのも、適正で簡単に処分できる方法の一つです。 電気店によってもリサイクル費用が多少変わってくるのですが、一例として、どの程度の費用が掛かるのかご紹介したいと思います。

大型家電リサイクルを出張買取してもらおう!

店頭へ持ち込んで買取りしてもらうリサイクルショップが多くありますが、大型家電となると持ち込むのも一苦労…出張買取をしてもらえるショップはどのような流れで買取りをしてもらえるのでしょうか? 全国展開しているリサイクルショップを見ていきましょう。

▲ TOPへ戻る